サポート

ベトナムで会社設立のポイント

  • By Admin

  • 13/12/2018

ベトナムで会社設立するために知っておきたいポイント?

ベトナムに会社設立(法人設立)する際の進出形態とそれぞれのメリット・デメリット?

 

 

ベトナムに進出する際の進出形態としては、「現地法人」、「駐在員事務所」、「支店」、「プロジェクト企業」の4種類があります。
日本企業が進出する際はほとんどの場合、「現地法人」を設立しています。ただ、法人設立する際はいくつかの法人形態があり、状況に合わせて選択する必要があります。


現地法人設立の次に、進出形態として多く選ばられているのが「駐在員事務所」です。設立手続きが現地法人の設立に比べて短期間・低コストで設立できます。ただ、活動内容は大幅に制限され、「市場調査」「本社との連絡業務」「本社とベトナム企業間での契約内容の監督」「ベトナム企業との事業提携」といった、一部の活動しかできません。営業や契約締結など、売上を出す行為などは禁止されているため、ご注意ください。


「支店」に関しては、活動内容には制限をほとんど受けず、現地法人と同様の活動が可能です。ただ、支店開設が可能な業種は、銀行や法律事務所などの、ごく一部の業種に限られるため、ほとんどの場合、支店開設による進出を検討する必要はないでしょう。
ベトナムには、「プロジェクト企業」という進出形態もあります。ただ、インフラ建設などの特殊プロジェクトの場合に限られるため、今回は説明を省かせて頂きます。

続く。。。
 

ベトナムでのビジネスについてご相談、Fuji Business Center へようこそ!

ハノイに出張する皆様へ、御覧ください。
ベトナムの投資環境、
ハノイでのオフィスお悩み
お気軽にご相談下さい!

レンタルオフィスご検討ください!
☎️📞+84913334895
(日本語-英語-ベトナム語可能)

お問い合わせください